記事内に広告を含みます 日常生活

3日風呂入らないとばれる理由3選!髪の毛をごまかす方法は?

「3日風呂入らないとばれる理由3選!髪の毛をごまかす方法は?」のイメージ画像

日によって「お風呂がめんどくさいな」と思うことはありませんか?

お風呂が面倒で入りたくないと思う一方で、周りに「お風呂に入ってないってばれたらどうしよう」と心配になる人も多いと思います。

この記事では

  • 3日風呂入らないとばれる理由
  • 3日風呂入らない日が続くと身体はどうなるのか
  • 風呂入らない時の髪の毛をごまかす方法

についてまとめました。

結論から言うと、3日風呂入らないと体臭や見た目で冬でも敏感な人にはばれる可能性があります。

風呂に入れない時は髪の毛をヘアーコロンで匂いをつけたり、お湯で洗ったりしてごまかす方法がおすすめです。

お風呂に入るのが面倒だけど人にばれるか気になる人は、ぜひ読んでみて下さいね。

3日風呂入らないとばれる理由3選!

「3日風呂入らない人の体臭が気になる女性」のイメージ画像

3日風呂入らないとばれる理由は以下の3つがありました。

  • 体臭
  • 見た目
  • 冬でも敏感な人にはわかる

体臭

3日風呂入らないと体臭でばれる可能性があります。

風呂に入らないと皮膚に細菌が繁殖して体臭として現れます。

そして風呂に入らない日が3日続くと近くにいる人だけでなく、同じ空間にいるだけで体臭でばれる可能性があるでしょう。

特に夏場は汗をかきやすいため、3日どころか1日風呂に入らないだけで体臭が発生することがあり注意が必要です。

3日風呂入らないと体臭が強くなるためばれることが分かりました。

見た目

3日風呂入らないとばれる理由は見た目です。

人は風呂に入らない日が続けば続くほど髪の毛や顔に皮脂汚れが残り、全体的にベタついていきます。

そして髪の毛がべったりしボリュームがなくなったり顔がテカテカしているため、人によっては風呂に入ってないことに気づくかもしれません。

3日風呂入らない人は髪の毛や顔が皮脂汚れでテカテカしているため、ばれる可能性が高いでしょう。

冬でも敏感な人にはわかる

3日風呂入らないと、冬でも敏感な人にはばれる場合があります。

冬は「汗をかかないから」「寒いから風呂に入りたくない」といった理由で毎日風呂に入らない人もいると思います。

たしかに1日程度であれば風呂に入らなくてもばれないかもしれません。

しかし風呂に入らない日が3日続くと冬でも人によっては体臭や髪の毛のテカリ具合などから気づくことがあるでしょう。

冬だからといって3日風呂入らないと、敏感な人ににおいや見た目でばれる可能性があるので注意しましょう。

3日風呂入らないと身体はどうなる?

「人の頭皮」のイメージ画像

3日風呂入らないと身体は以下の4つのことが起こります。

  • 体臭が強くなる
  • 髪の毛がしっとり・テカテカしてくる
  • フケ・垢がでてくる
  • 身体に痒みや発疹がでてくる

体臭が強くなる

3日風呂入らないとどうなるかと言うと、体臭が強くなっていきます。

人は日常生活の中で知らず知らずのうちに頭皮や身体に汚れが溜まっています。

そしてお風呂に入ることで汗腺機能を刺激し、垢や皮脂汚れなどの老廃物を洗い流すことで体臭を緩和させているのです。

しかしお風呂に入らないと汗腺機能が低下して老廃物を洗い流せないため、細菌が繁殖していき体臭がどんどんきつくなります。

3日風呂入らないと垢や皮脂汚れを洗い流せないため、体臭が強くなることが分かりました。

髪の毛がしっとり・テカテカしてくる

3日風呂に入らない場合、髪の毛がしっとり・テカテカしてくると考えられます。

風呂に入ると頭皮についた汚れを洗い流せるため、サラサラした清潔な髪の毛を保つことが可能です。

しかし3日風呂入らないと髪の毛に皮脂汚れが溜まっていき、髪の毛がべたついた印象となってしまうのです。

3日風呂入らないことで、髪の毛に皮脂汚れが溜まり髪の毛がテカテカしてしまうでしょう。

フケ・垢がでてくる

人は3日風呂入らないことが続くと、フケ・垢がでてきます。

風呂に入らないと皮脂分泌が促進されて頭皮に細菌が過剰に繁殖し、ターンオーバーが乱れることでフケが大量に発生します。

また、垢は皮膚に汚れが溜まることで発生し、風呂に入らない日が続けば続くほど垢はどんどん落ちにくくなり体臭も強くなっていくのです。

フケや垢がある人は周りの人から不潔な印象を持たれてしまい、直接的に不快感を示されることもあるかもしれません。

3日風呂入らないと細菌が皮膚に溜まりフケや垢を引き起こし、場合によっては周りの人に不潔な印象を与えかねないでしょう。

身体に痒みや発疹がでてくる

風呂に入らない日が続いた人はどうなるかと言うと、身体に痒みや発疹がでてくる可能性があります。

痒みや発疹が出てくる原因は、風呂に入らないことで皮脂や汚れが毛穴に溜まっていき皮膚に炎症を起きるためです。

また、身体の痒いところを掻いて皮膚が傷ついてしまうと、傷口から皮膚感染症を引き起こすリスクもあります。

3日風呂入らないと皮膚に炎症が起こるため、痒みや発疹がでてきて不快感が強まる可能性があるでしょう。

風呂入らない時の髪の毛をごまかす方法!

「風呂に入ってないのを三つ編みでごまかす女性」のイメージ画像

風呂入らない時の髪の毛をごまかす方法は6つあります!

  • ヘアーコロンなどで匂いをつける
  • お湯で洗う
  • ドライシャンプーで洗う
  • 蒸しタオルで頭皮を拭く
  • ベビーパウダーをはたく
  • まとめ髪にする

ヘアーコロンなどで匂いをつける

風呂に入らない時はヘアーコロンの匂いを利用しましょう。

ヘアーコロンは髪の毛にさりげなく匂いをつけることで、体臭や頭皮の臭いを緩和させる作用があります。

しかしヘアーコロンの種類やつけ方を間違えると、逆に体臭を強めてしまう可能性があるので注意が必要です。

お風呂に入らず頭皮の臭いや体臭が気になる人は、ヘアーコロンで匂いをつけるのをおすすめします。

お湯で洗う

風呂入らない時は、お湯で洗うだけでも髪の毛をごまかせる場合があります。

お風呂に入る時に利用するシャンプーの洗浄成分は、髪の毛についた皮脂汚れを洗い流す役割があります。

そしてシャンプーには劣りますが、お湯で洗うだけでも髪の毛についたフケをいくらか落とすことは可能です。

しかしお湯で洗うだけだと、髪の毛の汚れは落とせても体臭やテカリは残る可能性があるので注意が必要です。

お風呂に入らない時はお湯で洗うだけでも髪の毛についた汚れを落とせるので、実践してみましょう。

ドライシャンプーで洗う

ドライシャンプーは、風呂に入らない場合髪の毛をごまかすのにおすすめです。

ドライシャンプーとは水を使わずに髪の毛を綺麗にできるシャンプーです。

水がなくても使用できるため、外出時などで頭皮のテカリや体臭が気になる際にササっと使えて重宝されています。

また、災害発生時などで水が使用できず3日風呂入らないことが続いた場合も使用できるため、防災グッズとしても最適です。

ドライシャンプーは水なしで髪の毛を洗うことが可能なため、風呂に入れなくて頭皮のテカリや体臭が気になる時は使ってみましょう。

蒸しタオルで頭皮を拭く

風呂に入らない場合、蒸しタオルで頭皮を拭いて髪の毛をごまかしましょう。

蒸しタオルで頭皮を拭くと、熱や蒸気を頭皮に浸透させることで毛穴が開くため、頭皮や髪の毛にたまった汚れを落としやすくなります。

蒸しタオルはタオルを水で濡らして、電子レンジで数秒温めれば簡単に作ることができますよ。

風呂に入れない時は、蒸しタオルで頭皮を拭いて汚れを落としましょう。

ベビーパウダーをはたく

風呂に入らない時は、ベビーパウダーをはたいて髪の毛をごまかす方法があります。

ベビーパウダーは頭皮についた皮脂汚れをとる殺菌作用があり、ベタベタした髪の毛をサラッとすることが可能です。

ベビーパウダーをヘアブラシにティースプーン1杯程度をふりかけてブラッシングしてあげると、髪の毛のテカリを多少抑えられるかもしれません。

風呂に入らないことで髪の毛がべたついたり頭皮のテカリが気になる人は、ベビーパウダーを使用してみましょう。

まとめ髪にする

風呂に入らない時はまとめ髪にして髪の毛をごまかすことも可能です。

髪の毛を洗わないと頭皮に皮脂が残るため、髪の毛のテカリやべたつきが気になりますよね。

しかしべたついた髪の毛を利用してまとめ髪にしてしまえば、髪の毛のテカリを多少ごまかせるかもしれません。

まとめ髪は、お団子や三つ編みなどのヘアスタイルがおすすめです。

また、髪の毛が短くてまとめ髪が出来ない人はワックスを使ってウェット感を演出してみると良いでしょう。

風呂に入らないで髪の毛のテカリが気になる場合、お団子や三つ編みなどのまとめ髪をしてみましょう。

【おわりに】3日風呂入らないとばれる理由3選!髪の毛をごまかす方法は?まとめ

以上、風呂に入らないとどうなるかについての記事をまとめました。

3日風呂入らないと以下の3つの理由でばれることが分かりました。

  • 皮膚に細菌が繁殖して体臭が現れる
  • 皮脂汚れで髪の毛や顔がテカテカする
  • 冬でも体臭や見た目から敏感な人にはばれる

3日風呂入らないと身体はどうなるかは以下の4つの通りです。

  • 身体に老廃物が溜まって体臭が強くなる
  • 頭皮に皮脂汚れが残り髪の毛がしっとり・テカテカしてくる
  • 皮脂分泌が促進されたり皮膚に汚れが溜まるため、フケや垢が出現する
  • 皮膚に炎症が起きて身体に痒みや発疹がでてくる

風呂に入ってない時は以下の6つの方法で髪の毛をごまかしてみましょう。

  • ヘアーコロンなどで匂いをつけて頭皮の臭いや体臭を消す
  • お湯で洗ってフケを落とす
  • ドライシャンプーで髪の毛を洗う
  • 蒸しタオルで頭皮を拭き汚れを落とす
  • ベビーパウダーをはたき頭皮のテカリを減らす
  • 髪の毛のべたつきをまとめ髪などヘアアレンジしてごまかす

風呂に入らないことがある人はぜひ参考にしてみてくださいね。

-日常生活