記事内に広告を含みます ファッション

マリメッコのリュックがおばさんくさいと言われる理由4つ!人気な理由は幅広い年齢層?

マリメッコのリュックがおばさんくさいと言われる理由4つ!人気な理由は幅広い年齢層?

鮮やかな色合いと独特なデザインが特徴の北欧ブランド、マリメッコ。

中でもマリメッコのリュックは、デザインが豊富で機能性抜群なことから、30代~50代まで幅広い年代の女性に人気です。

しかし一部では、マリメッコのリュックがおばさんくさい、ダサいとの声も聞かれます。

マリメッコのリュックはおばさんくさくありません。

なぜマリメッコのリュックがおばさんっぽいと言われしまうのでしょうか?

今回はマリメッコのリュックがおばさんくさいと言われる理由と、幅広い世代に人気の理由を説明します。

マリメッコのリュックがおばさんくさいと言われる4つの理由

「おばさんくさいリュック」のイメージ画像


マリメッコのリュックがおばさんくさいと言われる理由は4つあります。

  1. シンプルすぎる見た目
  2. 価格が高すぎる
  3. 人とかぶる
  4. 年齢によっておばさんくさく見える

1:シンプルすぎる見た目

1つ目の理由はシンプルな見た目です。

マリメッコのリュックで特に人気なのがBuddy(バディ)シリーズ。

マリメッコのリュックと聞いて、まずこのシリーズを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

シンプルでカジュアルすぎないデザインは、どんなファッションにもなじみます。

そのため、幅広い年代の方が使いやすく30代、40代、50代の”大人の女性が持つリュック”というイメージがついたのかもしれません。

2:価格が高すぎる

2つ目の理由は少しお高めの値段設定です。

マリメッコのリュックは、安いものでも約1万円、高いものになると4万円程度のものまであります。

そのため、若い世代の方がマリメッコのリュックを持ちたいと思っても、なかなか手が届かないのかもしれません。

3:人とかぶる

3つ目の理由は、人とかぶってしまうことです。

街中でも、よくマリメッコのリュックを使っている方を目にしますよね。

それだけ人気のあるリュックとも言えるでしょう。

しかし、あまりに持っている人が多いと、恥ずかしいと感じる方もいるかもしれません。

4:年齢によっておばさんくさくみえる

4つ目の理由は、持つ人の年齢によっておばさんくさく見えることです。

たとえば、ファッションに全く興味のない年齢が高めの方が、マリメッコのリュックを持つこともあるでしょう。

機能性を重視した結果、イメージと違うと感じる方もいるかもしれません。

持つ人によっておばさんくさいと感じるようです。

マリメッコのリュックが人気の理由は?

「人気のリュック」のイメージ画像

マリメッコのリュックが人気な理由は、以下の通りです。

  1. マザーズバッグとして使える容量
  2. シンプル・ウニッコ柄など選べる見た目
  3. 30代・40代・50代と幅広い年齢層や性別に関係なく使えるバッグ

1:マザーズバッグとして使えるほどの容量

マリメッコのリュックは、大容量です。

日帰り旅行くらいの荷物であれば、余裕で収納できるでしょう。

マザーズバッグとしても人気があります。

大容量なのに、見た目は軽くてスッキリしている点もポイントです。

2:シンプル・ウニッコ柄など選べる見た目

マリメッコのリュックは、デザインが豊富なことも人気の理由となっています。

とくに人気のデザインは、以下の通りです。

  • 黒やグレーにマリメッコのロゴがあしらわれたシンプルなもの
  • 大きな花柄と鮮やかなカラーが特徴的なウニッコ柄

他にも様々なデザインや素材、サイズのリュックがあります。

自分のお気に入りを見つけるのも楽しそうですね。

3:30代・40代・50代と幅広い年齢層や女性などの性別に関係なく使えるバッグ

先ほどお伝えした通り、マリメッコのリュックはデザインがシンプルです。

年代、性別にかかわらず様々なシーンで使えます。

そのためプレゼントとしても喜ばれるでしょう。

まとめ

ここまで、マリメッコのリュックがなぜおばさんくさい、ダサいと言われる理由についてご紹介しました。

ダサいと言われる理由は以下のとおりです。

  • 見た目がシンプルすぎる
  • 価格が高い
  • 人とかぶる可能性が高い
  • 持つ人によってはおばさんくさく見える

実際、マリメッコのリュックをおばさんっぽい、ダサいと感じる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、その高いデザイン性と機能性を兼ね備えたマリメッコのリュックは、20代から50代まで幅広い世代に支持されていることが分かりました。

一部、否定的な意見もありますが、使い勝手のいいバッグです。

ぜひ、ご自身のお気に入りの1点を探してみてください。

-ファッション