記事内に広告を含みます ファッション

夏の長袖がおかしいと思う心理3選!なぜ腕まくりするのに着るの?

「夏の長袖がおかしいと思う心理3選!なぜ腕まくりするのに着るの?」のイメージ画像

夏に長袖を着たいと思ったことはありませんか?

しかし夏は半袖を着ている人が多いため「夏に長袖ってアリなの?」と悩んでしまいますよね。

この記事では

  • 夏の長袖がおかしいと思う心理
  • なぜ夏に長袖を着るのか
  • 夏の長袖の選び方

についてまとめました。

夏の長袖は、病気だったり刺青が入っていると思われるためおかしいと言われることがありますが、腕まくりなどのおしゃれとして長袖を着ることがあります。

夏はオーバーサイズのものや涼しい色の長袖を選ぶといいでしょう。

長袖を夏に着ている人の気持ちが気になる人は、ぜひ読んでみて下さいね。

夏の長袖がおかしいと思う心理3選!

「夏に長袖を着る人」のイメージ画像

夏の長袖は以下の3つの理由から、おかしいと思われがちです。

  • 長袖が暑そうだから
  • 刺青が入っていると思う
  • 病気だと思う

長袖が暑そうだから

夏の長袖は、暑そうだからおかしいと思うことがあります。

夏は基本的に半袖を着て涼しい格好をするものですよね。

しかしわざわざ長袖を夏に着ることで、見ている側は「暑苦しい!」と感じてしまうことも…。

特に長袖を着ている本人が暑そうにしていたり汗をかいていたら、なおさら「半袖着ればいいのに。」と不快感をもたれてしまうかもしれません。

夏は半袖を着るという概念があるため、長袖を着ていると暑そうに見えておかしいと思われてしまうことがあるでしょう。

刺青が入っていると思う

夏に長袖を着る人を見ると、刺青が入っていると思いおかしいと感じる人もいます。

夏に長袖を着ていると、人によっては肌を見せてはいけない特別な事情があると考えてしまうことがあるようです。

例えば夏に長袖を着て頑なに肌を見せたがらない場合「刺青が入っているのかも」と怖がられてしまうことも…。

夏の長袖は、場合によっては刺青が入っていると恐れられることがあるので注意しましょう。

病気だと思う

夏に長袖を着ていると、病気だと思われてしまうことがあります。

人によってはアレルギーやアトピー、持病の関係で紫外線に当たるのを避けなければならないため、1年中長袖を着なければならないことがあります。

もしあなたが夏に長袖を着ていたら「日光に当たってはいけない病気なのかな?」と思われてしまうことも…。

長袖を夏に着ることで、紫外線に当たってはいけない病気と思われる可能性があることが分かりました。

なぜ夏に長袖を着るのか

「夏の冷房」のイメージ画像

夏は以下の3つの理由から、長袖を着ることがあります。

  • 日焼け防止
  • エアコンなどの冷え対策
  • 腕まくりなどのおしゃれ

日焼け防止

夏に長袖を着ている理由は、日焼け防止のためという意見があります。

夏に半袖を着ていると、日焼け止めを何度塗り直して日焼け対策を頑張る人は多いと思います。

また、半袖にアームカバーをつけて日焼けを防ぐ人もいますが、人によってはアームカバーが「ダサい」「暑い」という理由でつけたくないと思うことも…。

日焼け止めの塗り直しが面倒であったりアームカバーが気に入らない人は、どんなに暑い日でも長袖を着ている可能性があるかもしれません。

夏は半袖だと日焼けしてしまう確率が上がるため、長袖を着ることで日焼け防ぐ人もいるでしょう。

エアコンなどの冷え対策

夏はエアコンなどの冷え対策のため、長袖を着ることもあります。

外は暑くても、屋内のエアコンの冷房がガンガン効いて寒いといった経験はありませんか?

実際、エアコンの冷房で体調を崩す人は多く存在します。

人によっては冷房が苦手で身体を冷やさないように長袖を着ているのかも…。

夏はエアコンの冷えから身体を守るために長袖を着る人もいるでしょう。

腕まくりなどのおしゃれ

夏は腕まくりなどのおしゃれのために長袖を着ている可能性も考えられます。

学生の頃夏になるとブラウスを半袖ではなく、あえて長袖を腕まくりして着ている女子がたくさんいませんでしたか?

夏は半袖を着るよりあえて長袖を腕まくりして着こなすことで、なんとなくおしゃれに見えるといった意見もあるんだとか。

また、男性の場合も腕まくりをすることで、チラッと見える前腕から男らしさを演出したいと思う人も多いようです。

夏は腕まくりなどのおしゃれのために、長袖を着る人がいることを覚えておきましょう。

夏に長袖を着るときの選び方

「夏におすすめの長袖」のイメージ画像

夏の長袖は、以下の3つのポイントをおさえましょう。

  • オーバーサイズ
  • 素材
  • 涼しい色

オーバーサイズ

夏に長袖を着るときは、オーバーサイズのものを選びましょう。

夏にピッタリのサイズの長袖を着ていると、汗をかいた際に汗染みが目立ったり汗が身体につくため不快感が増してしまいます。

夏は肩幅や袖口などがいつもより一回り大きめの長袖服を着ることで、おしゃれかつ快適に着こなせますよ。

夏はオーバーサイズの長袖を選ぶことで涼しげな印象を与えてみましょう。

素材

夏の長袖は、素材選びに注意しましょう。

風通しのいい素材を選ぶことで、夏に長袖を着ていても涼しく着こなすことが可能です。

夏の長袖は以下の素材を選ぶといいでしょう。

  • ポリエステル
  • コットン
  • リネン
  • レーヨン

特にリネン素材は、速乾性と吸水性があるため汗をかきやすい夏にはおすすめです。

夏の長袖は、ポリエステルなど風通しのいい素材を選んで快適に着こなしましょう。

涼しい色

夏に長袖を着るときは、涼しい色を選んでみましょう。

夏の長袖は色選びによっては、暑苦しくなく着こなすことが可能です。

夏に長袖を着るのにおすすめな色は白と青です。

白は汗染みが目立ちにくく清潔感があり、青は寒色系の色であるため見る人に涼しげな印象を与えられます。

また、意外にも赤は紫外線を吸収しやすく、20分以上日差しを浴び続ける場合白よりも涼しく感じる色なんだとか。

夏は白や青などの寒色系の色や、紫外線を吸収しやすい赤色の長袖服を選んでみてくださいね。

【おわりに】夏の長袖がおかしいと思う心理3選!なぜ腕まくりするのに着るの?まとめ

以上、夏の長袖事情についての記事についてまとめました。

夏は以下の3つの心理から、長袖がおかしいと思うことがあります。

  • 夏に半袖ではなく長袖を着ていると暑そうに見える
  • 刺青が入っており、肌を見せたがらない
  • 紫外線に当たってはいけない病気と思う

なぜ夏に長袖を着るのかは以下の3つが考えられました。

  • 半袖だと日焼けするため、日焼け防止のため長袖を着ている
  • エアコンの冷えで体調を崩しやすい
  • 長袖を腕まくりしておしゃれに見せたい

夏の長袖は以下の3つのポイントをおさえましょう。

  • 肩幅や袖口などが一回り大きめのオーバーサイズのものを着る
  • ポリエステルやリネンなど風通しのいい素材を選ぶ
  • 白や青など涼しい色を選ぶ

記事を参考に、夏もおしゃれに長袖を着てみてくださいね。

-ファッション