記事内に広告を含みます ファッション

冬にパンプスはおかしい?オフィスでは靴下を履いてもいい?

「冬にパンプスを履くのはおかしい?オフィスでは靴下を履いてもいい?」のアイキャッチ画像

パンプスは足元を綺麗に見せるのに欠かせないアイテムですよね。   

冬になると「パンプスを冬に履くのっておかしい?」「寒い冬でもパンプスを履いておしゃれしたい!」と思ったことはありませんか?

この記事では、

  • 冬にパンプスはおかしい?
  • 冬にパンプスを暖かく履く方法
  • オフィスでパンプスを履く時の注意点

についてまとめています。

結論から言うと、冬にパンプスはありです!

タイツやストッキング、貼るカイロや防寒インソールを合わせることで暖かくパンプスを履けます。

さらに、オフィスでパンプスを履く時は素足や靴下を履くのはビジネスマナーとして相応しくありません。

ストッキングや足の甲がでるフットカバーを履くのが一般的です。

冬にパンプスを履きたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。

冬にパンプスはおかしい?

「一般的なパンプス」のイメージ画像

冬にパンプスはおかしくありません!

「冬にパンプスがおかしい?」」と悩む理由として、季節外れや寒そうといった意見が多いと思います。     

冬といえばブーツなど素肌を守る靴を履く人が多いので、たしかに足の甲がでるデザインのパンプスは寒そうな印象をもちますよね。      

しかし、防寒対策をしっかりすれば冬にパンプスを履いておしゃれを楽しめますよ。

寒い冬のパンプスを暖かくする方法

「冬に履くパンプス」のイメージ画像

寒い冬のパンプスを暖かくする方法は以下の通りです。

  • ストッキング・タイツを履く
  • 冬用のストッキングやストッキング風の靴下もある
  • 靴用ホッカイロを使う
  • 防寒インソールを入れる

ストッキング・タイツを履く

冬にパンプスを履く時はストッキングとタイツを履きましょう。

ストッキングやタイツは、スカートコーデの時も綺麗に足を見せられるので防寒対策だけでなく、冬にパンプスを履いておしゃれをしたい時に便利です。

また、ストッキングやタイツはデニール数が大きければ大きいほど厚みが増すので暖かいとされています。

しかし、人によってはデニールの大きいものは「厚すぎてダサく見える」といった声もあるので、デニール数はコーデバランスを確認して選ぶと良いでしょう。

基本的にストッキングよりタイツの方がデニール数は大きくなります。

防寒対策を重視したいならタイツ、おしゃれを優先して楽しみたいならストッキングを履くのがおすすめですよ。

冬はストッキングやタイツとパンプスを合わせることで暖かくおしゃれにパンプスコーデを楽しめます。

冬用のストッキングやストッキング風の靴下もある

もちろん冬用のストッキングやストッキング風の靴下もあります。

冬用のストッキングは一見普通のストッキングに見えますが、発熱素材や裏起毛で作られていたりと防寒機能が備わっています。

寒い冬にぴったりの素材のものがたくさんあるので、自分に合ったものを選べると良いですね。

冬用のストッキング風靴下はストッキングが苦手な人や伝染が気になる人におすすめです。

ストッキング風靴下は膝上からくるぶしまでいろいろな丈のものがあるので、脱ぎ履きしやすくパンツスタイルの時に重宝しますよ。

また、ストッキングも靴下も冬用のものは厚手の素材が多くパンプスがいつもよりきつく感じるかもしれません。

事前に履き心地を確認しておくと安心ですね。   

寒い冬は冬用のストッキングやストッキング風靴下など、自分の好みのものを選んでパンプスを暖かく履くこともできます。

靴用ホッカイロを使う

靴用ホッカイロも寒い冬に暖かくパンプスを履くのにおすすめです。

靴用のホッカイロは靴の中敷きに貼るタイプが多く、足元が冷えやすい人にとっては寒さ対策としてかなり有効です。

靴用ホッカイロは、中敷きタイプのものからつま先だけのものもあるのでパンプスの種類によって形を選びましょう。

また、ホッカイロの色はベージュから黒色まで色の展開も多く存在しており、靴下やストッキングに似た色を選ぶと違和感なく使用できます。

靴用ホッカイロの注意点として、素足にカイロを使用するのはやけどのリスクがあるのでやめましょう。      

ストッキングでもデニール次第では熱いと感じるので、靴用ホッカイロを使用する時は靴下がおすすめですよ。

靴用ホッカイロは冷え性で困っている人には防寒対策として特に有効です。

防寒インソールを入れる

防寒インソールも冬にパンプスを履く時に便利です。

地面からの寒さを遮断する役割があり、インソールの特性上長時間歩いても疲れにくいメリットがあります。

冬に外を歩く機会が多い人は特におすすめです。     

防寒インソールは、ムートンやウール素材さらに電熱式のインソールなど、さまざまなで防寒機能をもったタイプがあります。

足元を暖かくする分蒸れやすくなるので抗菌・防臭機能がついているものを選びましょう。    

寒い冬に外を歩くことが多い人はパンプスに防寒インソールを入れることで暖かく履くことができます。

オフィスでパンプスを履くとき靴下は履ける?

「オフィスで履くパンプス」のイメージ画像

オフィスでパンプスを履く時はどのようなことに気をつければ良いでしょうか?

  • 原則スーツに靴下はだめ
  • 足の甲がでるフットカバーがいい!
  • パンプスは素足で履くのはやめた方がいい!

原則スーツに靴下はダメ

オフィス等でスーツを着る時は靴下を履くのはやめましょう。

スーツに靴下はカジュアルすぎるためビジネスマナーとして相応しくなく、スーツにはストッキングを合わせるのが一般的とされています。

しかし、中には靴下を履くのが許可されている職場もあるので、靴下がOKの場合はスーツと同色などあまり目立たない色を選ぶと良いでしょう。

基本的にはスーツに靴下はだめですが、職場や環境によって判断してみてくださいね。

足の甲がでるフットカバーがいい!

オフィスでパンプスを履く際は、フットカバーを選べば違和感なくスーツに合わせられます。

フットカバーは足の甲がでるデザインの靴下であり、外からは靴下が見えないため履いているかは脱がなければ分かりません。  

また、冷え性で悩んでいる人はストッキングにフットカバーを合わせると少し足元の暖かさが変わるのでおすすめです。

しかし、脱げやすいというデメリットもあるので滑り止めがついているものを選ぶと良いですね。

フットカバーは、オフィスなどビジネスの場面で活用できて便利なので使用しましょう。

パンプスは素足で履くのはやめた方がいい!

パンプスを素足で履くのはやめましょう。

ビジネスマナーとしてパンプスに素足は人によっては非常識な印象を持たれます。

また、パンプスに素足は靴ズレをしたり足が蒸れやすくなる点からもおすすめしません。

ビジネスの場面でパンプスを素足で履くのはカジュアルすぎることや、相手に不快な思いをさせることがあるので避けた方が良いでしょう。          

【おわりに】冬にパンプスはおかしい?オフィスでは靴下を履いてもいい?まとめ

以上、冬のパンプス事情やオフィスでパンプスを履く時の注意点について説明しました。

冬にパンプスはブーツなどに比べると足元が寒そうなイメージがあるためおかしいと言われることがありますが、防寒対策をしっかりすれば冬でもパンプスは履けることが分かりました。

寒い冬にパンプスを暖かく履く方法は以下の通りです。

  • ストッキングやタイツを履く
  • 冬用ストッキングやストッキング風靴下を履く
  • 靴用ホッカイロを使う
  • 防寒インソールを入れる

また、オフィスでパンプスを履く時の注意点は以下の通りです。

  • パンプスに靴下や素足はビジネスマナーとして相応しくないため避ける
  • 靴下を履きたい時は足の甲がでるフットカバーを履くのがおすすめ

冬は防寒対策をしっかりして無理なくパンプスコーデを楽しめると良いですね。

-ファッション