記事内に広告を含みます 日常生活

50代の浴衣が痛いと言われる理由は?大人の浴衣の選び方について

「50代の浴衣が痛いと言われる理由は?大人の浴衣の選び方について」のイメージ画像

浴衣と言えば、夏祭りや花火大会などの夏のイベントで着る機会が多くありますよね。

しかし50代になると、浴衣を着るのを迷ってしまう人もいるかもしれません。

この記事では

  • 50代の浴衣が痛いと言われる理由
  • 50代の浴衣の選び方
  • 50代の浴衣の着こなし方

についてまとめました。

結論から言うと、50代で若い頃に着ていたような明るい色や柄の浴衣を着てしまうと、「痛い」「若作りしている」と言われることがあります。

しかし深みや落ち着いた色の浴衣を選んだり反物から仕立てたりすると、50代でも素敵に浴衣を着こなせられますよ。

この夏に浴衣を着たいけど勇気が出ないと思っている人は、ぜひ読んでみて下さいね。

50代の浴衣が痛いと言われる理由は?

「若い子が着る浴衣」のイメージ画像

50代は落ち着いた色味や柄の浴衣を選ばないと、痛いと言われてしまうことがあります。

浴衣と言えば赤やピンクなど明るい色だったり可愛らしい柄ものが人気ですよね。

しかし、50代で10代や20代の子が着るような若い頃の浴衣と同じものを選んでしまうと「若作りしてる」「痛い」など思われてしまうのだとか…。

年を重ねるにつれて、段々と若い頃の浴衣は自然と似合わなくなってしまうんですね。

50代で若い子が着るような明るい色や柄の浴衣を選んでしまうと、痛いと思われることがあるので注意しましょう。

しかし、浴衣が痛いと言われてしまうのは40代の女性も同じようです。

もうすぐ50代になる女性、40代の女性の浴衣の選び方・着こなし方のポイントも参考になりますので、あわせて読んでみてくださいね。

50代の浴衣の選び方

「落ち着いた色の浴衣」のイメージ画像

50代は、以下の3つのポイントを参考に浴衣を選びましょう。

  • 深みや落ち着いた色
  • 着物のような柄
  • 高級感のある生地

深みや落ち着いた色

50代は、深みや落ち着いた色の浴衣を選ぶといいでしょう。

浴衣の色は、夏らしい明るい色が人気がありますよね。

しかし50代の女性は黒や紺、オフホワイトなど落ち着いたシックな色の浴衣を着ることで、大人の女性らしさを演出できますよ。

また、柄も流水やトンボ、草花などの古典柄と合わせるのがおすすめです。

50代は、黒や紺などシックで落ち着いた色味の浴衣を選びましょう。

着物のような柄

50代の浴衣は着物のような柄を選んでみましょう。

着物のような柄を選ぶことで大人っぽく上品に浴衣を着こなせるとともに、お祭りだけでなく食事会などでも違和感なく着ることが可能です。

例えば朝顔や花唐草模様など控えめな柄の浴衣は、着物でもよく用いられる柄なのでおすすめです。

また、大きい柄の浴衣であっても単色のものを選ぶと着物風になりますよ。

50代は、朝顔や花唐草模様などの着物のような柄の浴衣を選びましょう。

高級感のある生地

50代は、高級感のある生地の浴衣を選ぶようにしましょう。

50代の大人の女性がペラペラな生地の浴衣を着ると「安っぽい」「ダサくて痛い」と思われてしまうことがあるため、生地選びはとても大切です。

50代は、絹紅梅のような高級生地を使った浴衣を着るのがおすすめです。

最高級素材を使っている絹紅梅の浴衣は、カジュアルな場所から格式高いホテルディナーまで幅広いシチュエーションで着られます。

絹紅梅の値段は10万円近くするものが多く他の浴衣に比べると高いですが、大人の女性らしく素敵に着こなせること間違いなしです!

50代で浴衣は安っぽい生地ではなく、絹紅梅などの高級生地を使った浴衣を選んでみてくださいね。

50代の浴衣の着こなし方

「50代が着る浴衣」のイメージ画像

50代は、以下の3つを参考にした浴衣の着こなし方がおすすめです。

  • 小物を使って着物風
  • 反物から仕立てる
  • 帯の結び方

小物を使って着物風

50代の浴衣は小物を使って着物風に着こなすのがおすすめです。

浴衣の印象を決めるのに小物はとても重要であり、小物次第で着物のように上品な着こなしができるようになります。

例えば浴衣に半襦袢、足袋、下駄を合わせるだけで一気に着物のような高級感が増します。

また、小物を使って浴衣を着物風に着こなしたい場合、安っぽい浴衣だと小物に合わず逆に痛いと思われてしまうため、3万円以上の浴衣を選びましょう。

半襦袢、足袋、下駄などの小物と浴衣を合わせると、50代らしく着物風に浴衣を着こなせるのでぜひ試してみてくださいね。

反物から仕立てる

50代は反物から仕立てたオーダーメイドの浴衣を着るのもいいかもしれません。

多くの人は出来上がった状態の浴衣(仕立て上がり)を買って着ることが主だと思います。

しかし仕立て上がりのものは人によっては自分の体形に合わず、不格好に見えてしまうことも…。

50代で浴衣を着るならより一層自分に合ったものが欲しいですよね。

反物から仕立てた浴衣は自分の体型に合わせて作られるため、着心地が良い以外にもシルエットの美しさや品の良さが仕立て上がりと全く別物なのだとか。

50代の女性で浴衣をより綺麗に着こなしたい人は、反物から仕立てた浴衣を着るといいでしょう。

帯の結び方

50代で浴衣を着こなすときは、帯の結び方を工夫しましょう。

浴衣の帯といえば、文庫結びや蝶結びをする人が多いと思います。

しかし文庫結びや蝶結びは、20代など若い人向けの帯の結び方だという声もあるそうです。

よって50代で大人の女性らしく浴衣を着こなしたい場合、帯は貝の口結びがおすすめです。

貝の口結びはシンプルでクールな印象があり、男性が浴衣を着るときにも使われる帯の結び方ですよね。

しかし50代の女性は浴衣も落ち着いたシックなものを選ぶことが多いので、貝の口結びと相性が良いのだとか。

50代は、貝の口結びなどシンプルな帯の結び方をした浴衣の着こなし方を試してみて下さいね。

【おわりに】50代の浴衣が痛いと言われる理由は?大人の浴衣の選び方についてまとめ

以上、50代が着る浴衣の選び方や着こなし方についての記事をまとめました。

50代の浴衣は若い頃に着ていたような明るい色や柄ものを選んでしまうと「痛い」「若作りしている」と言われることが分かりました。

50代は、以下の3つのポイントをおさえた浴衣を選ぶといいでしょう。

  • 黒や紺、オフホワイトなどの落ち着いた色を選ぶ
  • 朝顔や花唐草模様など着物のような柄を選ぶ
  • 絹紅梅などの高級生地にする

また、50代の浴衣の着こなし方は以下の3つを参考にしましょう。

  • 半襦袢、足袋、下駄などの小物を使って着物風にする
  • 反物から仕立てて綺麗に着こなす
  • 貝の口結びなどの結び方で大人っぽい印象にする

50代でも素敵に浴衣を着こなしたい人は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

-日常生活