記事内に広告を含みます 仕事・アルバイト

バイト面接で落ちる平均は30%?落ちないためにはどうすればいい?

「バイト面接で落ちる平均は30%?落ちないためにはどうすればいい?」のイメージ画像

初めてバイトに挑む人は、面接でどんなことに注意すればいいのか気になりますよね。

バイト面接は多くの人が受かるとされてる一方で、平均30%の人は落ちるという声も耳にします。

この記事では

  • バイト面接で落ちる平均は30%なのか?バイト面接で落ちる理由
  • バイト面接で落ちないための対策

についてまとめました。

結論から言うとバイト面接で落ちる平均は30%であり、言葉遣いや態度が悪いなどの理由で落ちることがあります。

また、バイト面接で落ちないためには基本的な礼儀や身だしなみに注意し、シフトの融通がきくことをアピールするのがおすすめです。

バイト面接で落ちる理由が知りたい人はぜひ読んでみて下さいね。

バイト面接で落ちる平均は30%?

「バイト面接で面接官に履歴書を渡す人」のイメージ画像

バイト面接で落ちる平均は30%程度と言われています。

30%と聞くと意外に多い気がしますよね。

バイト面接は以下の理由から平均30%の人が落ちるとされています。

  • 土日祝の勤務ができない(シフト希望が合わない)
  • 面接態度が悪い(言葉遣いが悪い・笑顔がない)
  • スキル不足
  • 責任感が感じられず、すぐに辞めてしまいそうな印象がある
  • 清潔感がない

スキル不足は仕方ないですが、面接態度や清潔感などは少し注意すれば不採用を採用に変えられたはずです。      

バイト面接でシフト希望が合わなかったり面接態度が悪いなどの理由で平均30%が落ちていることが分かりました。    

バイト面接で落ちないためには?

「バイト面接で使うカバンや靴」のイメージ画像

バイト面接で落ちないためには以下の5点に注意しましょう。

  • 基本的な礼儀
  • 服装など清潔感
  • 時間厳守
  • シフトの融通をきかせる
  • 土日祝の勤務

基本的な礼儀

バイト面接では基本的な礼儀をわきまえましょう。

バイト面接で落ちる主な理由に挨拶が出来ていなかったり正しい敬語が使えていないという意見が見られています。

バイト面接では以下の点に注意した態度で臨むのがおすすめです。

  • 「失礼いたします」「ありがとうございました」などの挨拶をしっかりと行う
  • タメ口ではなく敬語を使う
  • 面接中は背もたれに寄りかからず背筋を伸ばすようにする
  • 面接中は相手の目を見て笑顔でハキハキと喋ることを心がける

言葉遣いや態度を少し注意するだけで面接官の印象を180度変えられますよ。

バイト面接で落ちないためには挨拶や敬語などの正しい礼儀作法を心がけましょう。

服装など清潔感

バイト面接で落ちないために、服装など清潔感にも注意しましょう。

もしあなたが面接官で、バイト面接に寝癖のままの髪型でヨレヨレのTシャツ着た人が来たら採用したいと思いますか?

きっと多くは「清潔感がなく仕事が出来なそう」という印象をもち不採用にすると思います。

人は見た目が9割という言葉がある通り、第一印象だけで採用か不採用か決まる可能性があるのです。

バイト面接で清潔感を出すために以下のことを確認しておきましょう。

  • 髪型:前髪は目にかからない長さにする。髪が肩につく場合はポニーテールなどでまとめておく
  • 服装:無地のシャツやブラウスにきれい目パンツや膝丈スカートを合わせる。シワやシミのない服を着る。
  • メイク:つけまつげやカラーコンタクトは控えてナチュラルメイクを心がける。

バイト面接で落ちないためには清潔感に注意してバイト先に合った服装を心がけましょう。

時間厳守

バイト面接では時間厳守しましょう。

時間にルーズな人は基本的に信用できませんよね。

もしバイト先の面接に遅刻してしまったら、他がいくら完璧であったとしても遅刻したという理由だけでで落ちる可能性も十分あり得ます。

バイトの面接に行く際は5分前行動を心がけて、面接時間前には余裕をもって到着することをおすすめします。     

もし電車が遅延したなどのトラブルが発生したら、慌てずバイト面接先に遅刻する旨電話などで伝えておくと相手も納得してくれますよ。

バイトの面接で時間にルーズな人は落ちることがあるので、やむを得ない場合以外は必ず時間厳守しましょう。

シフトの融通をきかせる

バイト面接ではシフトの融通をきかせられることを伝えてみましょう。

バイトにて時間調節のききやすい人は、バイト先にとって戦力となるため積極的に採用される可能性が高いです。

バイト面接では「1時間だけでもシフトに入れます」「オープンとクローズどちらも可能です」とシフトを柔軟に対応できる旨をアピールするのがおすすめです。

バイト面接ではシフトの融通がきかせられることを伝えると、採用確率が上がる可能性があるでしょう。

土日祝の勤務

バイト面接に落ちないために、土日祝の勤務に積極的に入れる旨を伝えましょう。

土日祝日は主婦さんなど人によってはシフトに入れないことが多いため、基本的に人が不足しています。

また、バイト面接先が飲食店などのサービス業などであれば土日祝日が忙しいため、シフトに入れる人は優遇されやすいです。

土日祝の勤務はバイト先に歓迎される可能性が高いので、バイト面接時に積極的に入れる旨を伝えて採用を勝ち取りましょう。

【おわりに】バイト面接で落ちる平均は30%?落ちないためにはどうすればいい?まとめ

以上、バイト面接の注意点についての記事をまとめました。

バイト面接では言葉遣いや態度が悪いなどの理由で平均30%の人が落ちることが分かりました。

バイト面接で落ちないためには以下の5点に注意して臨みましょう。

  • 挨拶や敬語など基本的な礼儀に注意する
  • 清潔感のある服装をする
  • バイト面接には時間厳守し、やむを得ず遅刻する場合は事前に一報入れる
  • シフトの融通がきく旨をアピールする
  • 土日祝の勤務が可能であれば、積極的に入れることを伝える

これからバイト面接に臨む人はぜひ参考にしてみてくださいね。

-仕事・アルバイト