記事内に広告を含みます 仕事・アルバイト

バイトで身元保証人が必要!一人暮らしの場合の対処方法は?

「バイトで身元保証人が必要!一人暮らしの場合の対処方法は?」のアイキャッチ画像

バイトを始める際に身元保証人が必要と言われたことはありませんか?

一人暮らしなどで親に身元保証人を頼めない場合、どうすればいいか悩んでしまいますよね。

この記事では

  • 一人暮らしでバイトの身元保証人が必要の場合どうすればいいか
  • バイトの身元保証人は自分で書くのはダメなのか
  • バイトの身元保証人がいない時はどうすればいいか

についてまとめました。

結論から言うと身元保証人は自分で書くのはNGであり、親や友人、代行サービスに頼んで書いてもらう必要があります。

また、バイトの身元保証人がどうしてもいない場合は、身元保証人が不要のバイト先を探してみるのがおすすめです。

バイトの身元保証人について知りたい人はぜひ読んでみて下さいね。

バイトで身元保証人が必要!一人暮らしの場合どうすればいい?

「バイトで必要な身元保証人」のイメージ画像

バイトで身元保証人が必要な時は以下の人たちに頼んでみましょう。

  • 友人
  • 代行サービス

バイトの身元保証人ははじめに親や親族などの身内に依頼しましょう。

バイトの身元保証人は自分のことを1番理解している親に頼むのが一般的とされています。

また、バイト先によっては身元保証人を親や親族などの3等身までと定めているところもあります。

しかし専業主婦や年金受給者などの収入のない人は、たとえ親や身内であっても身元保証人になれない可能性があるので注意が必要です。

バイトの身元保証人はまず親や親族などの身内に頼むことをおすすめします。

友人

バイトの身元保証人を親などの身内に頼みづらい場合は友人に依頼してみましょう。

一人暮らしで親や親族が遠方にいる場合、身元保証人を学校の友人などに頼むケースもあるそうです。

しかし万が一バイト先とトラブルになった場合、身元保証人を引き受けた友人に迷惑がかかり人間関係に悪影響を及ぼす可能性があります。

友人に身元保証人を頼む際は保証人の意味や責任についてしっかり説明し、同意を得た上で引き受けてもらいましょう。

代行サービス

バイトの身元保証人親や友人に頼めない場合は代行サービスを利用しましょう。

代行サービスは料金さえ払えば身元保証人になってもらえる便利なサービスです。

しかし中には、高額な登録料だけを請求し身元保証人紹介代行を行わない悪徳業者も存在します。

代行サービスを利用する時は、会社の概要や口コミなど下調べをしっかりと行い安全な業者を選びましょう。

親や友人など身元保証人を頼める人がいない場合は代行サービスが利用できますが、業者選びには注意してくださいね。

バイトの身元保証人は自分で書くのはダメ?

「身元保証人を自分で書いて罪に問われた人」のイメージ画像

バイトの身元保証人を自分で書くのは絶対にやめましょう。

一人暮らしで親など身元保証人になる人がいない場合、自分で代筆してしまったという話を耳にします。

しかし身元保証人は本人の署名のみが有効であり、代筆は認められていません。

万が一バイト先に自分で代筆したのがバレた場合、身元保証書が無効となるだけでなくバイト先から有印私文書偽造罪で訴えられる可能性まであるでしょう。

もし身元保証人のサインを期限内に頼むのが難しい場合は、一度バイト先に相談してみると対応してもらえるかもしれません。

バイトの身元保証人は自分で書いてしまった場合、罪に問われる可能性があるので代筆するのは絶対にやめましょう。

バイトの身元保証人がいない場合は別のバイトを探してみて!

「身元保証人が不要の短期バイト」のイメージ画像

バイトの身元保証人がいない場合は、別のバイト先を探してみてもいいでしょう。

基本的に身元保証人が必要なバイトは長期間の採用を見込んでいる責任が重いバイトです。

しかし、軽作業などの短期バイトであれば身元保証人を依頼する必要なくバイトを始められることがあります。

バイトの身元保証人は短期バイトなどであれば不要なことがあるので、場合によっては別のバイトを探してみるのをおすすめします。

【おわりに】バイトで身元保証人が必要!一人暮らしの場合の対処法は?まとめ

以上、バイトの身元保証人についての記事をまとめました。

バイトの身元保証人を自分で書くのは認められていないため、一人暮らしで身元保証人が必要な時は以下のように対処しましょう。

  • 親や3等身以内の身内に依頼する
  • 友人に身元保証人になるリスクをしっかりと説明した上で依頼する
  • 会社概要や口コミなど下調べをしっかり行い安全な代行サービスを利用する

また、身元保証人を引き受けてくれる人がどうしてもいない場合は、短期バイトなど身元保証人がいらない別のバイトを探してみるのがおすすめです。

バイトの身元保証人を探している人はぜひ参考にしてみてくださいね。

-仕事・アルバイト