記事内に広告を含みます 仕事・アルバイト

パート辞めたいけど次がないと言われる理由3選!後悔しないためにも在職中から転職活動?

「パート辞めたいけど次がないと言われる理由3選!後悔しないためにも在職中から転職活動?」のアイキャッチ画像

「パート辞めたいけど次がないから辞められない…」

こんな悩みをお持ちではありませんか?

確かに、パートを辞めても次の就職先が見つからずに後悔するのではないかという不安はつきものです。

更にパートを辞めてしまってはお金がなくなるという心配もあります。

そこでこの記事では、

  • パート辞めたいけど次がないと言われる理由
  • パートを辞めても後悔しないためには?
  • パートを辞めたいけどお金がない場合は?

などについてまとめました。

結論を言うと、パートを辞めても後悔しないためにするべきことは

  • 離職期間をあけない
  • 求人の幅を広げる
  • 資格の習得
  • 在職中の転職活動

こちらの4つがあげられます。

また、パートを辞めてもお金がない場合は求職者支援制度を使ったり、給付金を受け取ることで解決できます。

パートを辞めたいけど次がないのでは?とお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

パート辞めたいけど次がないと言われる理由3選!

「履歴書を書きたいけど書き出せない」のイメージ画像

パート辞めたいけど次がないと言われる理由をまとめました。

  • 年齢
  • 資格の有無
  • 求人の幅が狭い

年齢

パート辞めたいけど次がないと言われる理由に年齢があげられます。

採用試験は、やはり若い人を優先的に取る傾向があります。

自分は若くないから応募しても受からないと思う40代、50代の人が多いようです。

若い時よりも体力面で不安を感じることも次の一歩を踏み出せない理由といえるでしょう。

資格の有無

パート辞めたいけど次がないと言われる理由には資格の有無も関係しています。

確かに資格を持っている方が就職には有利です。

実際に特別な資格がなく転職活動が長期化する、または転職を諦めるというパターンも。

パートを辞めて次を探すためには資格を持っていた方が良さそうです。

求人の幅が狭い

パート辞めたいけど次がないと言われる理由には求人の幅の狭さもあります。

募集している求人の中では事務職に人気が集中しており、競争率が高い=なかなか決まらないという傾向にあります。

事務職に限らず、希望の職種をこだわりすぎると求人がなかなか見つからないでしょう。

パートを辞めても後悔しないためには?40代・50代でも転職できる?

「転職活動のためにネット検索をしている」のイメージ画像

パートを辞めても後悔しないためにするべきことは以下の通りです。

  • 離職期間をあけない
  • 求人の幅を広げる
  • 資格の習得
  • 在職中の転職活動

離職期間をあけない

パートを辞めても後悔しないためには、離職期間をあけずに転職活動をしましょう。

離職期間をあけすぎると、採用側に「離職期間が長い理由は何かな?」と考えさせてしまい不利になる可能性があります。

例えば、働く意欲が低いのではないか?何か問題があるのではないか?と思われてしまうということですね。

平均的な転職活動は約3ヶ月なので、離職してから2~3ヶ月を目安に次の仕事に就けるように動きましょう。

求人の幅を広げる

パートを辞めても後悔しないためには求人の幅を広げる必要があります。

求人の幅が狭いと、どうしても思うような求人が見つからなかったり、条件を妥協して転職して後悔することになりかねません。

今まで経験したジャンルの仕事以外にも目を向ける、柔軟に探してみると選択の幅が広がります。

また、育児の経験や主婦としての目線が活かせる仕事は40代、50代に需要があり活躍できる可能性大です。

資格の習得

パートを辞めても後悔しないためには資格を習得すると良いでしょう。

資格がなくても転職できるものの、やはりあると有利です。

資格を強みに転職活動ができ、また転職後に収入がアップできる可能性が大きいでしょう。

短期間で取得できる資格もあるため、可能なら在職中に習得するのが次への近道です。

在職中の転職活動

パートを辞めても後悔しないためには在職中に転職活動することです。

パートを辞めて無収入になってしまうと経済的に不安ですよね。

お金がなくなってしまうという不安をなくすためには在職中から次の仕事を決めておく必要があります。

仕事をしながらの転職活動は体力的にも大変ですが経済的なリスク回避になります。

パートを辞めたいけどお金ない場合は?

「お金がない」のイメージ画像

パートを辞めたいけどお金がない場合はどうすれば良いでしょうか?

対処方法として以下の3つがあります。

  • 求職者支援制度を使う
  • 給付金の申請
  • 在宅ワークをする

求職者支援制度を使う

求職者支援制度とは、月10万円の給付金をもらいながら職業訓練を受けられる制度です。

お金をもらいながら次の就職のための準備ができるのはありがたいですね。

求職者支援制度は、ハローワークが訓練開始から訓練終了までサポートしてくれます。

一定額以下の収入であればパートで働きながら受けることも可能です。

ただし、給付金を受給するのには条件があるため注意してください。

求職者支援制度のご案内 |厚生労働省 (mhlw.go.jp)

給付金の申請

パートを辞めた後にもらえる給付金といえば失業手当です。

失業手当は離職後にハローワークで手続きをして受給するもので、前職の給与の5割~8割がもらえます。

パートでも雇用保険に加入していれば失業手当をもらえる可能性が高いため、条件をチェックしておきましょう。

在宅ワークをする

パートを辞めたいけどお金がないという場合は在宅ワークという選択肢もあります。

今はパソコンがあればインターネットでいつでもどこでも仕事ができる時代です。

在職中にスキマ時間を使って在宅ワークでお金を貯めるのも良いでしょう。

在宅ワークのメリットは通勤時間がない、自分のペースで仕事ができる、職場の人間関係で悩むことがないなどがあげられます。

【おわりに】パート辞めたいけど次がないと言われる理由3選!後悔しないためにも在職中から転職活動?まとめ

パート辞めたいけど次がないと言われる理由と、後悔しないためにするべきことをまとめました。

パート辞めたいけど次がないと言われる理由は以下の3つです。

  • 年齢
  • 資格の有無
  • 求人の幅が狭い

そして、後悔しないためにするべきことはこちらです。

  • 離職期間をあけない
  • 求人の幅を広げる
  • 資格の習得
  • 在職中の転職活動

また、パート辞めたいけどお金がない場合の対処方法もまとめてみました。

  • 求職者支援制度を使う
  • 給付金の申請
  • 在宅ワークをする

パート辞めたいけど次がないとお悩みの方の参考になれば幸いです。

ご自身のよりよい人生のために、ぜひ一歩踏み出してみてください。

-仕事・アルバイト