記事内に広告を含みます 仕事・アルバイト

パート掛け持ちと正社員どっちがいい?メリット・デメリットは?

「パート掛け持ちと正社員どっちがいい?メリット・デメリットは?」のアイキャッチ画像

パートの掛け持ちか正社員として働くかどっちがいいのでしょうか?

パートはシフトに融通が利くので、うまく掛け持ちすると稼げる可能性があります。

しかし、正社員は収入が安定していて福利厚生も充実しているので、長い目で見たら正社員の方が良さそうな気もしてきます。

そこで今回の記事は、

  • パート掛け持ちと正社員どっちがいい?メリットは?
  • パート掛け持ちと正社員どっちがいい?デメリットは?

についてまとめました。

パート掛け持ちは色々な経験ができ、プライベートを優先しやすいメリットがあります。

一方、シフト管理の面で嫌がられること、人間関係が2倍になる、移動で時間が取られるデメリットがあります。

正社員のメリットは、収入が安定していて福利厚生が充実、社会的信頼を得られることです。

デメリットは責任が重くプライベートを優先しにくいこと、副業が難しい場合があることです。

理想の働き方についてお悩みの方はぜひ比較して考えてみてください。

パート掛け持ちと正社員どっちがいい?メリットは?

「メリットと描かれたイラスト」のイメージ画像

パート掛け持ちと正社員のメリットをそれぞれ解説していきます。

パート掛け持ちのメリット

  • 掛け持ちなので稼げる
  • 色々な経験ができる
  • プライベートを優先しやすい

正社員のメリット

  • 収入が安定している
  • 福利厚生などの制度が充実
  • 社会的信用を得られる

パート掛け持ちの場合

パート掛け持ちは柔軟に働けるのがメリットです。

自分で自由に仕事のスケジュールを組みたい人には向いている働き方と言えるでしょう。

掛け持ちなので稼げる

パートの掛け持ちは稼げるというメリットがあります。

一日のうちで昼と夜で違う仕事を掛け持ちしているというケースも。

それなりに長時間労働となり休みも少なくなるので、体力に自信があって長時間の仕事も苦にならないとにかく稼ぎたい人に向いているでしょう。

色々な経験ができる

複数の仕事をすること色々な経験ができます。

パートでも色々な職種を経験することによってスキルを身につけるのはもちろん、知見を広げられるでしょう。

これは正社員でずっと同じ仕事をしていては経験できないことです。

色々な仕事を経験してみたい!という人は掛け持ちが向いていると言えます。

プライベートを優先しやすい

パートは勤務時間や日数の自由度が比較的高いため、プライベートを優先しやすいメリットがあります。

没頭している趣味があったり、大好きなアーティストのコンサートなど、絶対に休みたいという日があればスケジュール調整できます。

パートは掛け持ちだとしてもピンポイントで予定を調整しやすいので、プライベート重視の人に向いているでしょう。

正社員の場合

正社員はある程度会社に守られているため安定しており、先の見通しがつきやすいというメリットがあります。

正社員は安定した生活を送りたいという人に向いている働き方です。

収入が安定している

正社員は無期雇用契約であり多くの場合月給制のため、収入が安定しています。

パートだと勤務日数が少なければその分収入も減りますが、正社員はその点で守られています。

昇給やボーナスもパートより優遇されており、同じ時間働いていても年収は多くなるはずです。

収入が安定していることは正社員の最大のメリットと言えるでしょう。

福利厚生などの制度が充実

正社員は、有給や育休、手当など福利厚生が充実しています。

パートでも社会保険に加入していればある程度の福利厚生は受けられますが、それでも正社員にのみ与えられる制度もあります。

例えば退職金制度、住宅手当、リフレッシュ休暇などは正社員のみという企業が多いのが現状です。

充実した福利厚生を受けたいなら正社員としての働き方が良いでしょう。

社会的信用を得られる

正社員は社会的信用を得られるというメリットがあります。

例えば、ローンを組んだりクレジットカードを作ったりする場合、正社員だと雇用と収入が安定しているため審査が通りやすくなります。

また、転職する際に履歴書に記入する時も、職歴が正社員の方が幅広い求人の中から応募できるため有利です。

長い人生を考えた時に、正社員としての社会的信用の重要さを感じるでしょう。

パート掛け持ちと正社員どっちがいい?デメリットは?

「デメリットと描かれたイラスト」のイメージ画像

次はパート掛け持ちと正社員のデメリットを解説します。

パート掛け持ちのデメリット

  • シフト管理が大変で嫌がられる
  • 人間関係が2倍
  • 移動などで時間が取られる

正社員のデメリット

  • 責任が重い
  • プライベートを優先しにくい
  • 副業できない

パート掛け持ちの場合

パート掛け持ちの場合、勤務先が2つあることで人間関係が2倍になることや、シフト管理の関係で嫌がられることもあります。

また、自宅と2つの勤務先との移動に時間がかかるという点もデメリットとしてあげられます。

シフト管理が大変で嫌がられる

パートを掛け持ちしているとシフト管理が大変なため嫌がられるケースがあります。

勤務先が2つあると、それぞれ働ける日時が限られるのでシフトの希望が多いということになります。

シフトの希望が多いと管理する方は調整が大変なため、嫌がられるということも少なくありません。

人間関係が2倍

パート掛け持ちは単純に人間関係が2倍になります。

仕事をする上で悩みになりがちな人間関係ですが、これが2倍になるのは煩わしいと感じる人もいるでしょう。

どちらも人間関係が良好な職場ならラッキーですが、そうでない場合は精神的に疲れてしまいますね。

付き合いなどでの食事の機会も2倍あるので、交際費の出費も多そうです。

移動などで時間が取られる

パートの掛け持ちしていると、自宅と勤務先との移動に時間が取られます。

2つの勤務先と自宅とを往復するのは単純に時間がかかるので体力的に負担となるでしょう。

ただでさえ掛け持ちしていると長時間労働になりがちなので、移動で更に疲れてしまいます。

掛け持ちする場合はできるだけ自宅から近い勤務先を探す必要があります。

正社員の場合

正社員はプライベートを優先しにくく、仕事の責任が重いという特徴があります。

また、現在は副業が認められている会社が増えていますが、まだ副業禁止のところも多くあるのが現状です。

責任が重い

正社員は同じ仕事内容でもパートに比べると責任が重い業務を任されます。

「責任のある仕事を任せてもらえる」と前向きに考えられれば良いですが、そうでない場合は苦痛に感じるでしょう。

また、正社員は雇用期間に定めがないためキャリアアップが前提です。

勤続年数が重なれば役職もついていくので必然的に責任は重くなります。

プライベートを優先しにくい

正社員は週5日、8時間労働が基本のためプライベートを優先しにくいです。

休みの希望が出せる場合もありますが、パートに比べて融通が利かず希望が通らないことも。

また、残業が発生すればプライベート時間は更に短くなります。

プライベートを優先したい人にとって勤務時間に縛られることはデメリットに感じるでしょう。

副業できない

正社員は副業しにくいのが現状です。

現在は全国的に副業を認める会社が多くなってきていますが、依然として副業禁止の会社もあります。

また、正社員は勤務時間が長いので副業のための時間を作るのが難しいでしょう。

正社員として働きながら別で収入を増やしたいと思っても、副業するのはハードルが高そうです。

【おわりに】パート掛け持ちと正社員どっちがいい?メリット・デメリットは?まとめ

パート掛け持ちと正社員のメリットとデメリットについてまとめました。

パート掛け持ちのメリットはこちらです。

  • 掛け持ちなので稼げる
  • 色々な経験ができる
  • プライベートを優先しやすい

正社員のメリットはこちらです。

  • 収入が安定している
  • 福利厚生などの制度が充実
  • 社会的信用を得られる

一方で、パート掛け持ちのデメリットは次の通りです。

  • シフト管理が大変で嫌がられる
  • 人間関係が2倍
  • 移動などで時間が取られる

正社員のデメリットは以下の通りです。

  • 責任が重い
  • プライベートを優先しにくい
  • 副業できない

パート掛け持ちと正社員どっちが良いのかは一概には言えません。

メリットデメリットを踏まえて後悔のない働き方ができると良いですね。

-仕事・アルバイト