記事内に広告を含みます 仕事・アルバイト

スーパーのレジはやめとけと言われる理由5選!本当はいい職場だった?

「スーパーのレジはやめとけと言われる理由5選!本当はいい職場だった?」のアイキャッチ画像

スーパーのレジは、はじめてのバイトとしておすすめの仕事と言われています。

しかし一方で、スーパーレジはやめとけという意見も多々みられます。

この記事では、スーパーレジはやめとけと言われる理由についてまとめました。

結論から言うと、スーパーのレジは立ちっぱなしで忙しいことやクレームが多くてストレス、覚えることやマニュアルが多いといった理由からやめとけと言われています。

しかし、スーパーのレジはシフトの融通がききやすく覚えれば単純作業であるため良い職場だった、常連さんとの会話がは楽しいという意見もありました。

スーパーのレジの仕事が気になる人はぜひ読んでみて下さいね。

スーパーのレジはやめとけと言われる理由5選

「スーパーのレジ打ちをしている人」のイメージ画像

スーパーのレジはなぜやめとけと言われるのでしょうか?

  • 覚えることが多い
  • 時間帯で忙しさが違う
  • マニュアルが多い
  • クレームが多くてストレス
  • 立ちっぱなしで大変

覚えることが多い

スーパーのレジがやめとけと言われる理由に覚えることが多いという声があります。

レジといえば商品をスキャンして会計するだけと思われがちですが、実はスーパーによっては覚えることが多く大変だといいます。

スーパーのレジで覚える内容は以下の通りです。

  • レジ打ち方法
  • スキャンバーコードのない商品ボタンの位置
  • 現金やクレジットカード、電子マネーなどの決済方法
  • クーポンや商品券の使用方法
  • レシートの交換方法
  • 小銭の補充方法
  • 領収書の書き方
  • たばこの銘柄など

レジだけでも覚えることがたくさんありますが、お店によってはレジ回りだけでなく商品の陳列や店内環境整備なども行わなければならないそうです。

スーパーのレジは覚えることがたくさんあり大変だという理由で、やめとけと言われることが分かりました。

時間帯で忙しさが違う

スーパーのレジがやめとけと言われるのは、時間帯で忙しさが違うという理由もあります。

スーパーはお客さんの混む時間、忙しい時間が大体同じであり、学校や家庭の事情によっては忙しい時間帯にしかシフトが入れない人もいるので、疲れてしまうことがあるようです。

スーパーレジは一般的に以下の時間帯が忙しいとされています。

  • 10時-11時:総菜が並び始めて昼食の買い物に出かける人が多い
  • 16時-20時:会社帰りの人や夕食前の買い物に出かける人が多い
  • 閉店前:値引きシール狙いの人が多い

スーパーのレジに長蛇の列ができると、お客さんもイライラしている人が多く、早くレジ打ちをしなければとプレッシャーになりますよね。

スーパーのレジは、忙しい時間が決まっており時間帯によっては大変であることが分かりました。

マニュアルが多い

スーパーのレジがやめとけと言われる理由にマニュアルが多いという意見もありました。

マニュアルが多いというのは覚えなければならないことも多く、さらにマニュアルに従って仕事をしなければならないため人によっては面倒に思うようです。

例えば、挨拶の仕方はマニュアルで決まっており一語一句文言や所作をマニュアル通りにやらないと注意されたというエピソードもありました。

スーパーのレジはマニュアルが多く人によっては合わないと感じるのかもしれません。

クレームが多くてストレス

スーパーのレジはやめとけと言われるのはクレームが多くてストレスだからといった理由もあります。

レジ仕事は接客業のためクレーム対応をすることが多く、クレームを言う人は常連客のこともあるので来るたびにストレスだったという声もみられました。

クレーム内容は接客態度が悪い、袋詰めで商品がつぶれた、異物混入など様々であり理不尽なことを言われたという人も少なくありません。

スーパーのレジはクレームが多くてストレスと感じる人が多く、やめとけと言われることが分かりました。

立ちっぱなしで大変

スーパーのレジがやめとけと言われるのには立ちっぱなしで大変といった理由もあります。

スーパーのレジは、レジをしている間は同じどころに立ち続けなければなりません。

動きっぱなしも大変ですが、同じところに立ちっぱなしでいるのも足が浮腫んで辛く、時間帯によっては3時間立ちっぱなしということも少なくありません。

スーパーのレジは人によっては身体的な負担を感じやすく、立ちっぱなしが辛い人はおすすめでできません。

スーパーのレジは良い職場だった?

「スーパーの食材」のイメージ画像

スーパーのレジは実は良い職場とも言われています。

  • 覚えれば後は単純作業
  • 忙しいと時間が早く過ぎる
  • シフトの融通がききやすい
  • 特売品を購入しやすい

覚えれば後は単純作業

スーパーのレジは覚えれば後は単純作業のため、良かったという声も見られました。

スーパーのレジは覚えることが多くて大変だという意見がある一方で、一度覚えてしまえば流れ作業のため頭で考えずとも体が勝手に動くそうです。

特に現在は自動釣銭機やスキャンと会計が別になっているセミセルフレジも普及しているので昔よりは単純作業も増えているかもしれませんね。

スーパーのレジは人によっては一度覚えれば楽と感じる人も多く、特に単純作業が好きな人はおすすめです。

忙しいと時間が早く過ぎる

スーパーのレジは、忙しい時は時間が早く過ぎて良い職場だったという人もいます。

お客さんのいない暇な職場だとやることがないためいつまで経っても時間が過ぎず、逆に疲れてしまうことがありますよね。

しかしスーパーのレジは基本忙しいため、無心で仕事をしているうちに勤務終了時間だったということがあり、人によっては何も考えなくていいため楽と感じるようです。

スーパーのレジはやることがたくさんありあっという間に時間が過ぎるため、忙しいのが好きな人にはおすすめです。

シフトの融通がききやすい

スーパーのレジは、シフトの融通がききやすく良かったという意見もあります。

スーパーのレジは、基本的にシフトの融通がききやすく希望の働き方をしやすい職場とされています。

例えば土日だけ、平日だけ、午前中だけなど自分の都合に合わせて働けることが多く、勤務時間は2時間からOKのところも多数あります。

アルバイトをかけもちしている人や、子どもの都合で少ししか働けない主婦などにはおすすめです。

スーパーのレジは柔軟にシフトを組めることが多く、人によっては働きやすいと感じるでしょう。

特売品を購入しやすい

スーパーのレジは特売品を購入しやすいため良かったという声もみられました。

レジに関わらずですが、スーパーの仕事をしていると特売品の販売時間を知ることができます。

日頃から特売品を購入する人や少しでも家計を節約したい人には、スーパーのレジはとっておきの職場と言えるでしょう。

特売品を購入しやすいのはスーパーのレジの特権なので、お得に買い物したい人はスーパーの仕事にチャレンジしてみてもいいかもしれませんね。

スーパーのレジは楽しいところ!

「スーパーでレジをした後のカゴ」のイメージ画像

スーパーのレジは楽しかったという声ももちろんありました。

  • カゴの商品をきれいに収納できると嬉しい
  • 仲のいい常連さんとの会話
  • 女性の多い職場だから悩みを言いやすい

カゴの商品をきれいに収納できると嬉しい

スーパーのレジをしていて、カゴの商品をきれいに収納できて楽しかったという声もありました。

レジをしながらスキャン後のカゴに移す時、たくさんある商品が整頓されていく姿に快感を覚える人もいるようです。

お客さん側も、自分の買う商品が潰れず丁寧にカゴに収納されていると嬉しいですよね。

整理整頓が得意であったり几帳面な人は、カゴの商品の収納を極める人が多くスーパーのレジは向いているかもしれません。

仲のいい常連さんとの会話

スーパーのレジを経験した人の中には、仲のいい常連さんとの会話が楽しかったというエピソードもありました。

お客さんが利用するスーパーは大抵決まっているもので、店員と買い物客が顔なじみになることも少なくありません。

人によっては常連さんと「今日は〇〇が安い」などの会話を楽しんだり世間話までするようになったという人もいます。

また、スーパーのレジは子どもからお年寄りまで様々人が来るので自然とコミュニケーション能力や接客スキルが上がったといった声もみられました。

接客業が好きな人は仲のいい常連さんとの会話を楽しんだりできるため、スーパーのレジはおすすめです。

女性の多い職場だから悩みを言いやすい

スーパーのレジは女性の多い職場だから、人によっては悩みを言いやすく楽しいとも言われています。

スーパーのレジは主婦さん、主に女性が多い職場です。

主婦同士は同年代の女性であることから、子育てのことや家庭のことなど話が合いやすく働くのが楽しいと感じるそうです。

また、スーパーのレジははじめてのバイトとして学生さんがいることも多く、主婦さんがお母さん世代であるため子どものように可愛がってもらえたというエピソードもありました。

スーパーのレジは女性が多い職場なので、人と話すことが好きな人には向いているかもしれませんね。

【おわりに】スーパーのレジはやめとけと言われる理由5選!本当はいい職場だった?まとめ

以上、スーパーのレジについて様々な意見をお伝えしました。

スーパーのレジはやめとけと言われる理由は以下の通りです。

  • レジ打ち以外にも覚えることが多い
  • 時間帯によっては忙しい
  • マニュアルが多い
  • クレームが多くてストレス
  • 同じ場所に立ちっぱなしで大変

また、スーパーのレジは良い職場だったという意見もありました。

  • 覚えることは多いが、一度覚えれば単純作業のため楽
  • 忙しいため時間が過ぎるのが早い
  • 特売品の販売時間が分かるためお得に購入できる

スーパーのレジは以下の理由から楽しかったと感じる人もいるようです。

  • カゴの商品をきれいに収納できると嬉しい
  • 常連さんとの会話が楽しい
  • 女性の多い職場だから話をしやすく楽しい

スーパーのレジに挑戦したいと思っている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

-仕事・アルバイト